2018HKIR(香港国際競走)


暮れの香港の風物詩、香港国際競走

毎年12月の第二日曜日に香港、沙田競馬場で行われる香港国際競走の4レース(ヴァーズ、スプリント、マイル、カップ)に今年も日本馬が9頭出走するとあって取材に行って来ました。

当初の雨予報もどこへやらでレース当日は降られずに済みました、先ずはレース当日の競馬場の雰囲気からお届します!

181209沙田イメージ1


181209沙田イメージ2

181209沙田イメージ3

181209沙田イメージ4

181209沙田イメージ5

181209沙田イメージ6

181209沙田イメージ7

181209沙田イメージ8

181209沙田イメージ9

181209沙田イメージ10

 

4-レース香港ヴァーズ(Hong Kong Vase 芝2400m G1)

4-レース香港ヴァーズ(Hong Kong Vase 芝2400m G1)は日本からリスグラシュー、クロコスミアのエリザベス女王杯の1・2着馬が出走したこのレース、クロコスミアの軽妙な逃げで始まり2番手につける地元香港のエグザルタント、後方3番手からレースを進めるリスグラシュー。

4コーナーで早くも5番手の外目まで進出し2番手から先頭を伺うパートン騎乗のエグザルタントを捉える勢いになり残り150mで先頭に立つモレイラ騎乗のリスグラシュー、このまま幸先よく日本馬の勝利かと思われたところ、もう一度内から伸びるエグザルタントが差し返してクビ差しのいでゴール!

昨年香港のリーデイング1・2位騎手の叩き合いはパートン騎手に軍配が上がりました、惜しい2着にリスグラシュー、逃げたクロコスミアは10着でゴールとなりました。

18ヴァーズ1

18ヴァーズ2

18ヴァーズ3

18ヴァーズ4

18ヴァーズ5

18ヴァーズ6

18ヴァーズ7

18ヴァーズ8

18ヴァーズ9

18ヴァーズ10

18ヴァーズ11

18ヴァーズ12

18ヴァーズ13

 

5レース香港スプリント(Hong Kong Sprint 芝1200m G1)

5レースの香港スプリント(Hong Kong Sprint 芝1200m G1)には日本から春秋スプリントを制したファインニードルが出走しました。

しかし短距離王国の香港馬の壁は厚く上位6着までを独占、昨年このレースを制したティータン騎乗のミスタースタニングが連覇を達成、ファインニードルは8着でのゴールとなりました。

18スプリント1
18スプリント2

18スプリント3

18スプリント4

18スプリント5

18スプリント6

18スプリント7

18スプリント8

18スプリント9

18スプリント10

18スプリント11

 

7レース香港マイル(Hong Kong Mile 芝1600m G1)

7レース香港マイル(Hong Kong Mile 芝1600m G1)にはヴィブロス、ペルシアンナイト、モズアスコットが出走も昨年度の香港年度代表馬の圧倒的な1番人気のビューティージェネレーションが残り600mで先頭に立つと直線で独走となり最後は追われないで3馬身つけての圧勝劇となり連覇を達成しました。

ヴィブロスが混戦の2着争いを制し、5着にペルシアンナイト、7着でモズアスコットがゴールしました。

SO1_2055
18マイル1
SO1_2076
18マイル2
SO1_2089
18マイル3
SO1_2103
18マイル4
SO1_2120
18マイル5
SO2_8623
18マイル6
IMG_0037.JPG
18マイル7
SO1_2208
18マイル8
SO1_2324
18マイル9
SO1_2346
18マイル10
SO1_2406
18マイル11
SO1_2454
18マイル12
SO1_2507
18マイル13
SO1_2531
18マイル14
SO1_1908
18マイル15
SO1_1940
18マイル16
SO1_2032
18マイル17

 

8レース香港カップ(Hong Kong Cup 芝2000m G1)

8レース香港カップ(Hong Kong Cup 芝2000m G1)にはディアドラ、サングレーザー、ステファノスの3頭が出走し、最終的にディアドラが1番人気、サングレーザーが2番人気に支持され優勝の期待が高まりました。

しかし逃げたデソーサ騎乗のグロリアスフォーエバーを捉えることが出来ずに香港馬の4連勝で幕を閉じました、ディアドラが鋭く伸びて来て2着、サングレーザー4着、ステファノスは9着でした。

SO1_2817
18カップ1
SO1_2831
18カップ2
SO1_2849
18カップ3
SO1_2860
18カップ4
SO1_2880
18カップ5
SO_S1519
18カップ6
SO2_8795
18カップ7
SO1_2939
18カップ8
SO2_8842
18カップ9
SO2_8901
18カップ10
SO2_8931
18カップ11
SO1_2983
18カップ12
SO1_3152
18カップ13
SO1_3321
18カップ14
SO1_2677
18カップ15

地元香港馬による完全勝利に終わった2018年の香港国際競走、日本馬2着3回と悔しい結果になりましたがこれも競馬です元気に戻ってきてまたパフォーマンスを見せて欲しいと思います。

最後は恒例の花火大会で閉幕です!

SO2_9164
18花火1
SO2_9205
18花火2

また来年、See You